レンメルコーヒーというラップランドスタイル。焚き火とやかんで野外で仲間と珈琲。

スポンサーリンク

こんにちは。

本日は最近注目しているコーヒースタイル、レンメルコーヒーをご紹介します。

こちらのスタイルはラップランドという スカンディナヴィア半島北部からコラ半島に至る地域で、伝統的にサーミ人が住んでいる地域 のコーヒースタイル。

何がユニークで魅力的かは論より証拠、レンメルコーヒーの動画を見ていただくのが良いと思いますので、こちらをどうぞ!

LemmelKaffe Japan START from 株式会社アンプラージュインターナショナル on Vimeo.

もう、あまり説明する必要もないぐらい映像はその魅力を物語っていると思います。

ケトルにそのままコーヒーを淹れ、塩を入れ、沸騰させてククサ(コップ)で飲み、豊かな自然を楽しむ。

フィルターがないワイルドなスタイル。豆がじっくりとケトルの底に沈むのを待って、ゆっくりとその時間も楽しむ。

ケトルから香るコーヒー。

その待つ時間もまた一つの楽しみ。

煮出したそのコーヒーの味わいは濃厚で芳醇。フィルターによっていつもは濾過される豆本来の油分がコクを出してくれる。

たっぷり入れたコーヒーを、自分の手で作ったククサを使って仲間と味わう。

それぞれの入れ方があり、楽しみ方がある。

大地というフィールドの楽しみ方、自然という地平の豊かさを感じる手段としていかがでしょうか?

ケトルは焚火にそのまま入れるので、樹脂のパーツがないオールステンなどのモデルの方が良さそうです。

ということで、私愛用のトランギアのケトルをご紹介して、ご拝読ありがとうございました。

トランギア ステンレスノブケトル 0.9L TR-SN324

https://www.amazon.co.jp
タイトルとURLをコピーしました