SalomonのQuicklaceをつけてみた

スポンサーリンク

今まで何足かトレランシューズを履いてきたけれども、その中でもさっとはけてホールドも良くてお気に入りなのがメジャーなサロモンのトレランシューズ。

大きな特徴の一つ、Quicklace(クイックレース)と呼ばれる、独自のシステムは脱ぎやすく履いて紐を締めやすくてお気に入りです

特許取得 Quicklace™ システムは、靴ひもを結ぶ必要がなく、瞬時に調節可能。激しく動いても緩みません。Salomon フットウェアやノルディックスキーブーツに対応しています。

https://www.salomon.com/ja-jp/shop-apac/product/quicklace-kit.html#color=32010
amazon.co.jp

今回は、普通の靴紐のシューズにこのSalomonのQuicklaceを取り付けてみたいと思います。

というのも、SalomonのQuicklaceは、別売りでそれだけ購入することが可能なのです!

交換作業はとても簡単、10分ちょっとでできるので、気になる方はぜひお試しください。

玄関から外に出る時間が短縮されること間違いなしです。

Amazon | [サロモン] 靴ひも Quicklace KIT (クイックレース キッド) Green Free | 靴ひも
Amazon公式サイト| 靴ひも Quicklace KIT (クイックレース キッド) Green Freeを通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。靴ひもをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp
スポンサーリンク

靴ひも Quicklace KIT (クイックレース キッド)

買ったのは白のクイックレース。

これをサロモンの白のランニングシューズにつけていきます!

付け方

パッケージが取り付け説明書を兼ねています。

簡単に書くと、

1、紐を外す

2、クイックレースの紐を通す

3、クイックレースの紐の先端をハサミでカットする

4、ハサミでカットしたクイックレースの紐の先端をライターで炙って丸くする

5、クイックレースのプラスチックに、ライターで炙った紐の先端を通す(左右2本分)

6、紐の先端をクイックレースの留め具に通して、長さを調節して先端を縛る

7、クイックレースの先端の留め具のオスメスをはめておしまし

となります

紐を通す

紐の先端が靴に通しやすくするため、二重になっています、これをカットするのです。

紐どめ用具を装着

先端をカットして丸くする

順番は、大きいものを先に通してから、小さなオスメスあるものをつける。

フィニッシュ

これで完成!

いい感じに紐縛りが超楽ちんになりました!

おまけ

以前紹介したRiversの水筒。

あまりに使いやすくて、色違いで増やしました。

コンパクトなペットボトルサイズでおしゃれ、かつ高性能でおすすめNo.1の水筒です。

お湯も冷水もバッチリ保温してくれる頼もしい相棒です!

出先でカップラーメンを食べるだけでも、家からお湯を持っていけばどこでもランチタイムになる。

保温性能が高いので、とても便利。

1本は氷を入れて、1本はお湯を入れて山に行けば、バーナーいらずな快適さ。

しかも、空になっても重量が約200gなので、全く気にならない!

超おすすめです。

Amazon | バキュームフラスク ステム BL タン | RIVERS(リバーズ) | ボトル・ジャグ
バキュームフラスク ステム BL タンがボトル・ジャグストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
タイトルとURLをコピーしました