理想のコンパクト焚き火台。コスパも良し。ガレージブランド「ADVENTURHYTHM HUNTER: Re・mo」の焚き火バッグ

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

焚き火してますか?

焚き火台、何を使ってますか?

焚き火台は毎年色々なところから魅力的なアイテムがリリースされる人気のジャンル。

なかでも本日紹介するアイテムは、コンパクトで美しい一品。

前々から私の頭の中でこういうアイテム作りたいなーって思うものが具現化されていて、テンション上がっています。

しかもボンデ鋼板のほうは5000円以下と手ごろ。

これ、いいな・・・

remo.theshop.jp
remo.theshop.jp
remo.theshop.jp

こちらは素材の違いで二種類あります。それにともない、重さも二種類です。

寸法:(収納時)巾200mm×高さ215mm×厚さ15mm  630g

  :(開閉時)巾200mm×奥行210mm×高さ145mm

相違点

1:重量  スタンダードセット870g、ステンレスセット630g(-240g軽量化)

2:素材  ボンデ鋼板とステンレス(錆に強い)

3:バンド本数 スタンダードセット2本、ステンレスセット4本

4:価格 ¥4970、¥9700

remo.theshop.jp

くみたてムービーも用意されていました。

焚き火バッグ(スタンダード・セット) | ADVENTURHYTHM HUNTER: Re・mo

同じブランドのこちらのアイテムもいい。

アウトドア用の鉄フライパン「Re・moパン」

remo.theshop.jp

寸法: 直径16.5cm 長さ26.5cm 厚み3.2mm 重さ570g

材質: スチール

remo.theshop.jp

Re・moパン | ADVENTURHYTHM HUNTER: Re・mo

クッキング動画

ucoの焚火台を検討していたけれども、手軽さではuco、こちらは長い薪を入れやすそう。。

組み立てに面倒を感じず、そのたたずまい、コンセプトに共感できる方は是非!

www.amazon.co.jp

タイトルとURLをコピーしました